KKHMF EEPROM ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25 返品?交換対象商品 【2022春夏新色】 SPIシリーズ用LCDフラッシュ24

KKHMF EEPROM ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25 SPIシリーズ用LCDフラッシュ24

EEPROM,SPIシリーズ用LCDフラッシュ24,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器,490円,/exchanger203551.html,pagos.growthinstitute.com,ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25,KKHMF KKHMF EEPROM ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25 【返品?交換対象商品】 SPIシリーズ用LCDフラッシュ24 490円 KKHMF EEPROM ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25 SPIシリーズ用LCDフラッシュ24 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器 EEPROM,SPIシリーズ用LCDフラッシュ24,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器,490円,/exchanger203551.html,pagos.growthinstitute.com,ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25,KKHMF KKHMF EEPROM ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25 【返品?交換対象商品】 SPIシリーズ用LCDフラッシュ24 490円 KKHMF EEPROM ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25 SPIシリーズ用LCDフラッシュ24 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器

490円

KKHMF EEPROM ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25 SPIシリーズ用LCDフラッシュ24


商品の説明

KKHMF LOGOKKHMF LOGO

特徴:

1.今は多くのマザーボード、ルーター、セットトップボックス、LCDスクリーン、ゲーム機などのEEPROMチップはSOP8を使用しています。

2.チップを取り外してから書き換える従来の作業より、こちらのクリップを使って直接にチップを挟んで書き換えます。

3.ご注意:チップの周りの回路によって、直接にチップを挟めない可能性もあります。ご購入頂く前、マザーボード上のチップの位置をご確認ください。

4.チップへの損傷を防ぎますし、とても効率的です。

5.こちらのテストクリップは多くのハイパワープログラマーと接続して使用できます。

6.保護機能を持つプログラマーと接続する場合、通常の電圧では読み取れません。 3.3Vの電圧を追加する必要があります。

7.使用方法:チップを挟んだまま、チップの8番目のピンに当てるピンに3.3Vの電圧を追加します。

8. 3.3V電源には2本のワイヤがありますが、VCCはクリップに接続、もう1本はアースに接続してください。

9.クリップの先端を壊さないよう、挟む時に無理に押し下げないでください。クリップを開き、チップの左右から挟んでください。

10.そして、外す時に、直接引き抜かないでください。クリップの左右を分けてから、外してください。

CH341Aプログラマー特徴:

シングルチップのSTCシリーズ手順のダウンロードサポート。

25シリーズチップを認識できるCH341Aチップを搭載。

ランプで24/25の状態を示す。

SPIピンによるユーティリティの拡張をサポート。

サポート24 EEPROMと25 SPIフラッシュ8ピンまたは16ピンのチップ。

パッケージ:

1 X CH341A USBプログラマー

1 X 8Pinから8Pinへのコンバーター

1 X SOP8 SOIC8テストクリップ

2 X 2.54mm 4ピンヘッダー

2 x SOP8 SOP16から8Pinへのコンバーター

KKHMF EEPROM ルーティングUSBプログラマCH341Aライタ25 SPIシリーズ用LCDフラッシュ24

不良品だったので…即日返品 続きを読む
Asus ノートPC のCMOS電池が切れて、BIOS に影響が及び、電源インジケータランプのみ点灯、その他ランプも画面も全く無反応という状況になりました。Youtube でROM焼きの動画を視聴していたので、挑戦してみようと思い購入しました。ドライバは、wch.cn という中国のサイトでダウンロードしました。CH341Aプログラマー(ソフトウェア)は、正常のものでも Windows Defender にはじかれるため、AsProgrammer というソフトなら安全にダウンロード可能です。ASUSの UEFI ではなく (Legacy) BIOS 搭載モデルだったため、FD44Editor が使えず、Intel Flash Image Tool を使用して正常BIOSファイルの ME Region だけ書き換えに成功しました。(保証の対象外なので、保証期間がある方はご注意ください)注意点:BIOS の正常ファイルはメーカーのサイトからダウンロードできますが、型番が同じでもいくつか種類がある場合があるため注意が必要です。クリップでBIOSチップを挟む作業が少し難しいです。1ピンと5ピンを拡大鏡で見ながら合わせるとやりやすいです。同様の症状であきらめていた故障PCがあるので、今後も活用できそうです。安価で試すことができ、大変良いお買い物でした。 続きを読む
問題なく動作して、EEPROMの読み書きできました。 続きを読む
機能は十分です。外付けメモリーのチェックに使いました。 続きを読む
  • 公開講座

    Instructional Design について学習できる講座です。東京や大阪等、全国で開催しています。

  • 講師派遣

    IDに関する研修の講師派遣を希望される方はこちら

  • IDポータル

    Instructional Designを学ぶ人への応援サイト

  • オンラインプログラム

    教授システム学研究センターが提供する「教育改善スキル修得オンラインプログラム (科目デザイン編・自律学習支援編・FD活動デザイン編)」はこちら。

  • 公開科目

    本専攻でどのような学習ができるのかを体験!

  • Open Courses

    Let's continue to experience How cat what is learned in

  • 研究活動

    教授システム学専攻および教授システム学研究センターでは、多様なテーマについて研究を進めています。

最新のお知らせ